自分で名刺を印刷

自宅作業自宅のプリンターを使って、自分で名刺を印刷することもできます。インクジェットプリンターに対応している名刺用の印刷用紙も、豊富なラインナップが揃っています。普通の白い紙だけでなく、カラー用紙や和紙、透明フィルムやメタリックフィルムなどの特殊紙も、家庭のプリンターで印刷できるものが販売されています。名刺用紙を購入すると、無料で名刺作成ソフトやデザインテンプレートが利用できるものもあり、その中から選択するだけでも、見やすい名刺ができあがります。

ネット上にも名刺用のデザインテンプレートはたくさん配布されており、いずれもワードで名前や連絡先などを入力すれば、そのまま印刷できてしまいます。ただし、フォントの選び方などで、雰囲気は少し変わってしまいますので、いくつかのパターンを試してみながら、イメージにあった名刺になるように調整しましょう

自分で印刷するのであれば、いくつかの異なるデザインや用紙に印刷して持ち歩くことも可能。名刺交換の際、「好きな名刺を選んで下さい」と名刺を渡すのも、相手に自分を印象づけるポイントになるでしょう。

 

ビジネス名刺は、人のつながり、仕事のつながりを円滑にする大切なツール。自分をアピールしてくれる大切な相棒として、目的にあったものを作りたいですね。

 

名刺を自分で作成するということ

社会人に限らず、自分の身元を相手に伝える手段として名刺というものは非常に便利なものです。少し前だと名刺というと印刷業者に頼んで作ってもらうものというイメージが強かったですが、パソコンと家庭用プリンターが普及してからというもの大半の印刷物は自宅で自分で作成することが可能になりました。しかし、就職して会社員などになると自分の名刺は大抵会社が作ってくれる為、なかなか自分で作るという経験をすることが無いという人も多いでしょう。

では、どういう人が自分で名刺を作るのに向いているかというと、一言で言えば会社員以外の人です。フリーランスで仕事をしている人は勿論、学生なんかも就職活動で名刺があれば便利です。印刷業者に頼むことなく、自分のパソコンとプリンタ、名刺用の印刷用紙があればできる為非常に低コストで作ることが可能です。また、相手に渡した時、名刺が自作だとそれを会話のきっかけにすることも可能であり、出来の良い名刺であればそれ自体がスキルのPRになることもあります。

 

名刺は自分の顔代わりになる

ビジネスの会合などに参加すると、たくさんの初対面の人にあいます。そうすると、決まってご挨拶をするのですが、その度に名刺を交換させていただいています。実際、一度に複数の人と会うと誰が誰だかわからなくなってしまいます。そこで、まず名刺を交換したら、相手の名刺に一言必ず書いておくようにしています。場合のよって書く一言は違いますが、相手の特徴だったり、話をした内容、用件を記入しておきます。

そうすると、後で名刺を見返しただけで相手のことを思い出すことができるのです。たった一言をかくだけなので、会合の合間でもすぐできてしまいます。自分がそのように名刺を活用しているので、逆に自分の名刺には一言記入しておくこともあります。会合の目的よっては話す用件が決まっていることもあります。従って、予め名刺にそのことを一言記入しておけば、後日になって連絡するときにも思い出して貰いやすくなります。名刺はまさに自分の顔代わりになるのです。

名刺作成業者に依頼

名刺デザインビジネス名刺を作る場合は、名刺作成業者に依頼することが多いです。通販型の名刺作成業者も多く、ネットから簡単に注文することができます。価格を重視している業者や、デザインに力を入れている業者、紙質などの素材に力を入れている業者など、それぞれの作製業者が個性のある名刺を提案しています。中には、通常のオフセット印刷やオンデマンド印刷ではなく、活字を組んで印刷する活版印刷の名刺を作製しているところもあり、味わいのある仕上がりが人気です。

名刺作成業者への依頼方法は、とても簡単。自分である程度デザインができるのであれば、デザインデータを送付して、オリジナルのものを作製することもできます。自分でできなくても、デザインテンプレートフォントなどを選んでいくだけで、思い通りの名刺ができあがります。ロゴ代わりのイラストパーツなどを選択して追加できる業者もあります。渡したときの会話のきっかけになったり、印象をよくしてもらうことを考えながら作りましょう。

名刺の価格は、紙質やデザインのクオリティによってさまざまです。紙やフォント、デザインなどにこだわると、どうしても価格も高くなります。ビジネス用としてたくさん配布することも考え、価格とのバランスも考えて予算を決めておきましょう。

推奨リンク|名刺
・・・名刺作成業者「デザイン名刺.net」のサイトです。

 

多種多様な名刺を活用する

名刺といえば、昔は長方形で白地に文字だけ、というイメージだったのですが最近は様々な名刺があり、ビジネスシーンを彩っています。長方形のものだけでなく、様々な形にカッティングされたものや目の覚めるようなカラーのものや自分の顔が印刷されたものなど、色々なものがあります。専門のデザイン業者なども沢山あり、会社のPRの為に様々なアイデアが駆使されています。

更に、最近では自分のSNSのアカウントを掲載されたものやQRコードをつけていて自分のブログやHPに飛ぶことができるものなどもあります。私が以前いた会社の名刺は一風変わっていて、通常の名刺は会社名が名刺の一番上に記載されることが一般的ですが、個人名が一番上に記載され、その下に会社名が記載されていました。個人を大事にする事を大切にする方針の会社なので、そのような名刺を作ったとの事です。このように名刺で会社のカラーを出すことが昨今のトレンドです。私の知り合いの社長さんは、ネイルに会社のロゴを入れており、名刺を渡す際にネイルを必ず見せるようにしています。そうすることで会社のアピールにもなるし、ユニークな会社だと好印象を与えることもできると言っていました。

 

ネイリストや、キャバ嬢に人気のゴージャスな名刺デザイン

最近は、名刺にデザインを入れることができます。派手なデザインもあり、ホステスの方に人気があります。ホステスの方の名刺は、インパクトがあり、デコのようなデザインで、キラキラ系が人気のようです。ネイルのようにストーンを使用したデザインもあります。このような名刺は、ネイリストの方にも人気があります。ネイリストの方も、お客さんの指名で、給料がアップされます。お客さん獲得には、このような派手でセンスのいい名刺も役に立ちます。女性の方もこのような名刺をもらえると嬉しいと思います。

最近は、豊富なテンプレートが用意されていますから、好きなデザインを選ぶことができます。星や、ハートのデザインが入った名刺も女性には人気があります。かわいくて、お洒落な名刺を作ってみたい方には、おすすめです。最近は、写真を入れる方もいますが、写真に抵抗がある方には、似顔絵のデザインを入れることもできます。写真入りの名刺よりソフトな感じが人気です。

ビジネス名刺の要素

どんな名刺を作るのか、どんな内容を記載するのか、を考えるとき、重要なのは、名刺の目的を考えることです。趣味の集まりや、個人的な出会いなど、プライベートで使う名刺は、個人的な内容や親しみやすさ、などを強調してもよいかもしれませんが、ビジネス名刺は違います。

名刺ビジネス名刺の目的は、人脈を作り、仕事につなげること。名刺を見たとき「どんな仕事をしているのか」「どんな人なのか」「これからどのようにつながっていけるのか」を相手に伝えられる内容が記載されていることが必要です。変わったデザインやかっこいいデザインに目を奪われがちですが、名刺を見ただけで、どんな仕事をしてくれるのかが伝わらなければ、名刺は役割を果たしたことになりません。

一般的には、社名ロゴ肩書個人名会社の住所連絡先が必要ですが、そのほかに、営業品目や仕事のウリを一言で表すキャッチコピーもいれたいもの。そのほか、Webサイトを見て欲しいから、サイトURLを大きくしたり、QRコードでその場でもWebサイトを見てもらえるようにするのもよいでしょう。個人を覚えてもらいたい営業担当者なら、写真や似顔絵を掲載するのもオススメです。

フリーランスの場合は、仕事場と自宅が同じ、という人も少なくありません。自宅住所を入れずに、すぐに連絡がつきやすい携帯電話の表記を大きくするなどして、個人情報をどこまで掲載するか、検討しておく必要があります。

 

ビジネスにおける宣伝方法のチョイスはとても重要です

ビジネスにおける宣伝方法はとても重要だと思います。どのようなものがあるというと大きく分けて3つの種類があると思います。名刺サイズからポスターサイズまでイラストを印刷して配ったり貼ったりする手法です。新聞折り込みのチラシなどもこのタイプに分類されます。2つ目はWeb掲載でしょう。自社サイトに商品n画像をアップしたりする方法です。3つ目はメールでの配信でございます。

この3つの方法はそれぞれ長所や短所がございますが、ただ宣伝をすればよい訳ではなく、それぞれの特性を考えた上で一番自分の目的にマッチした手法を選択しなければ効果はあがりません。アクセス数がさほどないサイトで画像を掲載しても意味がありませんし、人通りが少ない場所にポスターを張っても意味がありません。また、むやみやたらにメールを送っても迷惑メールと思われるかもしれませんので、販売の目的や販売ターゲットおよび宣伝方法は明確に行い宣伝をはじめましょう。

 

名刺は営業マンの顔です。

学校を卒業して、初めて就いた職業が営業でした。生まれて初めて自分の名刺を持った時には、とても嬉しかったです。ビジネスのマナーとして、名刺はとても大切なものです。初めて会うクライアントに会う時には、必ず名刺を持参します。そしてまずは、クライアントが渡してくれた名刺から受け取ります。それから、自分の名刺を渡すのがルールです。席についてから、渡されたものは自分の名刺入れの上に、表を上にして置きます。社に戻ってから、名刺の裏側に会った日にちやその人の特徴などを書いておくと、後から役に立ちます。仕事をしていると、色々な人に会います。多い時には、一日に何人もの人と名刺交換をします。そうなってくると、いつ、どこで、誰と会ったのか、その人はどのような人だったのかを後で思いだすのが難しくなってくるのです。名刺に顔写真が入っているものもありますが、普通はそうではありませんので、自分なりの工夫をして、相手を覚えておく必要があります。

 

 

ビジネス名刺を作ろう

サラリーマンであれば、会社から最初に支給されるのが名刺。名刺交換は、社会人の挨拶時のマナーでもあり、相手の手元に残る名刺は、相手に自分の印象をつけるチャンスでもあります。最近では、相手の会社の連絡先を知りたければ、ネットで検索すれば情報が得られますし、相手とつながっておきたければ、メールやSNSでつながりを作っておく人も増えてきました。名刺交換代わりに、FacebookLINEのアカウント交換をする、という人もおり「名刺は不要」といわれることもでてきています。

名刺交換ですが、年代が上の方や上役の人と会って、ご挨拶をする際だけでなく、仕事につながるセミナーや異業種交流会などでは、やはり名刺交換が不可欠。フリーランスで仕事をしている人の中には名刺を作っていない人もいますが、「相手が名刺を差し出したのに、こちらはもっていなくて恥ずかしかった」や、「挨拶したいと思っている人がいたが、名刺がなくて、声がかけづらかった」という経験をした人も少なくありません。人が集まり、人と会う場所に行くのであれば、人脈を作るための名刺はとても重要。そんな機会を最大限に活かすため、自分をアピールするためのツールとして、ビジネス名刺を作ることは大切なのです。

会社に勤める人でも、会社の名刺だけでは物足りず、オリジナルの名刺を作成する人も増えています。自分に代わり、必要なことをしっかり伝えてくれる名刺を、ぜひ、作ってみましょう。

このサイトでは、自分を伝えるビジネス名刺のポイントをご紹介します。

 

名刺こそ、自分をアピールする最高のアイテムですよね

ビジネスにおいて、人同士が必ず交換すると言っても過言ではないのが、名刺ですよね。だからこそ、この自分をアピールできる最高のアイテムを、有効に使いたいものです。ただ、連絡先や住所を相手に知らせる紙として利用するだけでは、本当にもったいないです。例えば、カラーをつけるとか、ご自身でお店を経営しているなら、個性的なロゴで示すだけで、おのずと相手に自分のお店をアピールする事が出来るはずです。

さらに、私の知っている企業の社長さんは、自分の会社が取り扱っている金融商品の説明を、見開きのパンフレットにして、それをポケットサイズにしたものを、名刺として渡しています。初めから広告として受け取る事を促すと、ポケットティッシュですら拒否する人がいるくらいなので、受け取ってくれませんが、交換するものとか、自己紹介としてのものとなれば、反射的に受け取ってしまいますよね。このアイデアには、本当に感服しました。皆様も、自分に照らし合わせて、名刺を無駄に利用していないか、考えてみませんか。

 

名刺依存にならないこと

私の知人でどれだけ名刺を配ったか、どれだけ名刺をもらったかにこだわっているのがいます。確かに、ビジネスマンにとって名刺はステータスの一つです。しかし、それがゴールになってしまうようでは、名刺の無駄遣いなのではないかと私はその友人を見て考えてしまうのです。名刺は、次のステップにつなげるツールでなければならないはずです。それを考えずにいろいろと配ったとしても、それはただ表面を取り繕っていることに過ぎないのではないでしょうか。もちろん、名刺を渡すことに反対なのではありません。そのあとのモーションを考えたうえで名刺を配ることが大切なのではないでしょうか。

たとえば、ごあいさつのメールを送ってみるとか、電話をしてみるとか、何か次のステップに移行するためのツールにしたいものです。とはいえ、全部にそれらを実行するのは時間的に無理でしょう。自分の直結する分野の人、またはまったく接点のない人にターゲットを絞って実行するのはどうでしょうか。くれぐれ名刺を配ってもらって満足で終わるようなことのないようにビジネスをしていきたいものです。