ビジネス名刺を作ろう

サラリーマンであれば、会社から最初に支給されるのが名刺。名刺交換は、社会人の挨拶時のマナーでもあり、相手の手元に残る名刺は、相手に自分の印象をつけるチャンスでもあります。最近では、相手の会社の連絡先を知りたければ、ネットで検索すれば情報が得られますし、相手とつながっておきたければ、メールやSNSでつながりを作っておく人も増えてきました。名刺交換代わりに、FacebookLINEのアカウント交換をする、という人もおり「名刺は不要」といわれることもでてきています。

名刺交換ですが、年代が上の方や上役の人と会って、ご挨拶をする際だけでなく、仕事につながるセミナーや異業種交流会などでは、やはり名刺交換が不可欠。フリーランスで仕事をしている人の中には名刺を作っていない人もいますが、「相手が名刺を差し出したのに、こちらはもっていなくて恥ずかしかった」や、「挨拶したいと思っている人がいたが、名刺がなくて、声がかけづらかった」という経験をした人も少なくありません。人が集まり、人と会う場所に行くのであれば、人脈を作るための名刺はとても重要。そんな機会を最大限に活かすため、自分をアピールするためのツールとして、ビジネス名刺を作ることは大切なのです。

会社に勤める人でも、会社の名刺だけでは物足りず、オリジナルの名刺を作成する人も増えています。自分に代わり、必要なことをしっかり伝えてくれる名刺を、ぜひ、作ってみましょう。

このサイトでは、自分を伝えるビジネス名刺のポイントをご紹介します。

Pocket