ビジネス名刺の要素

どんな名刺を作るのか、どんな内容を記載するのか、を考えるとき、重要なのは、名刺の目的を考えることです。趣味の集まりや、個人的な出会いなど、プライベートで使う名刺は、個人的な内容や親しみやすさ、などを強調してもよいかもしれませんが、ビジネス名刺は違います。

名刺ビジネス名刺の目的は、人脈を作り、仕事につなげること。名刺を見たとき「どんな仕事をしているのか」「どんな人なのか」「これからどのようにつながっていけるのか」を相手に伝えられる内容が記載されていることが必要です。変わったデザインやかっこいいデザインに目を奪われがちですが、名刺を見ただけで、どんな仕事をしてくれるのかが伝わらなければ、名刺は役割を果たしたことになりません。

一般的には、社名ロゴ肩書個人名会社の住所連絡先が必要ですが、そのほかに、営業品目や仕事のウリを一言で表すキャッチコピーもいれたいもの。そのほか、Webサイトを見て欲しいから、サイトURLを大きくしたり、QRコードでその場でもWebサイトを見てもらえるようにするのもよいでしょう。個人を覚えてもらいたい営業担当者なら、写真や似顔絵を掲載するのもオススメです。

フリーランスの場合は、仕事場と自宅が同じ、という人も少なくありません。自宅住所を入れずに、すぐに連絡がつきやすい携帯電話の表記を大きくするなどして、個人情報をどこまで掲載するか、検討しておく必要があります。

Pocket