自分で名刺を印刷

自宅作業自宅のプリンターを使って、自分で名刺を印刷することもできます。インクジェットプリンターに対応している名刺用の印刷用紙も、豊富なラインナップが揃っています。普通の白い紙だけでなく、カラー用紙や和紙、透明フィルムやメタリックフィルムなどの特殊紙も、家庭のプリンターで印刷できるものが販売されています。名刺用紙を購入すると、無料で名刺作成ソフトやデザインテンプレートが利用できるものもあり、その中から選択するだけでも、見やすい名刺ができあがります。

ネット上にも名刺用のデザインテンプレートはたくさん配布されており、いずれもワードで名前や連絡先などを入力すれば、そのまま印刷できてしまいます。ただし、フォントの選び方などで、雰囲気は少し変わってしまいますので、いくつかのパターンを試してみながら、イメージにあった名刺になるように調整しましょう

自分で印刷するのであれば、いくつかの異なるデザインや用紙に印刷して持ち歩くことも可能。名刺交換の際、「好きな名刺を選んで下さい」と名刺を渡すのも、相手に自分を印象づけるポイントになるでしょう。

 

ビジネス名刺は、人のつながり、仕事のつながりを円滑にする大切なツール。自分をアピールしてくれる大切な相棒として、目的にあったものを作りたいですね。

 

名刺を自分で作成するということ

社会人に限らず、自分の身元を相手に伝える手段として名刺というものは非常に便利なものです。少し前だと名刺というと印刷業者に頼んで作ってもらうものというイメージが強かったですが、パソコンと家庭用プリンターが普及してからというもの大半の印刷物は自宅で自分で作成することが可能になりました。しかし、就職して会社員などになると自分の名刺は大抵会社が作ってくれる為、なかなか自分で作るという経験をすることが無いという人も多いでしょう。

では、どういう人が自分で名刺を作るのに向いているかというと、一言で言えば会社員以外の人です。フリーランスで仕事をしている人は勿論、学生なんかも就職活動で名刺があれば便利です。印刷業者に頼むことなく、自分のパソコンとプリンタ、名刺用の印刷用紙があればできる為非常に低コストで作ることが可能です。また、相手に渡した時、名刺が自作だとそれを会話のきっかけにすることも可能であり、出来の良い名刺であればそれ自体がスキルのPRになることもあります。

 

名刺は自分の顔代わりになる

ビジネスの会合などに参加すると、たくさんの初対面の人にあいます。そうすると、決まってご挨拶をするのですが、その度に名刺を交換させていただいています。実際、一度に複数の人と会うと誰が誰だかわからなくなってしまいます。そこで、まず名刺を交換したら、相手の名刺に一言必ず書いておくようにしています。場合のよって書く一言は違いますが、相手の特徴だったり、話をした内容、用件を記入しておきます。

そうすると、後で名刺を見返しただけで相手のことを思い出すことができるのです。たった一言をかくだけなので、会合の合間でもすぐできてしまいます。自分がそのように名刺を活用しているので、逆に自分の名刺には一言記入しておくこともあります。会合の目的よっては話す用件が決まっていることもあります。従って、予め名刺にそのことを一言記入しておけば、後日になって連絡するときにも思い出して貰いやすくなります。名刺はまさに自分の顔代わりになるのです。

Pocket